Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/addas5/www/nki-jp/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/addas5/www/nki-jp/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
私たちがお手伝いできること、それは「清潔」 | 南九イリョー株式会社│リネンサプライ・クリーニング

南九イリョー

福祉施設のお取引先様
私たちがお手伝いできること、
それは「清潔」

お問い合わせ・資料請求

TEL:099-253-1234

ー 気持ちの良い施設運営の選択肢 ー

入居者に、ご家族に、
職員の皆さまに
寄り添い続けて

私たちが目指しているのは、入居している皆さまが洗濯したばかりの清潔な衣類を身にまとい、気持ちよく健康的な毎日を送っていただくこと。ご家族や職員の方のご負担が少しでも減り、その分、入所している皆さまと触れ合う時間が増えることを願っています。身近な方々と楽しく過ごす時間は、なにものにも代えがたいもの。皆さまの一番身近なサポーターとして、ご要望のもっと上をご提案し喜んでいただくことが、私たちの喜びです。

心地よい生活を
続けていくということ

毎日気持ちよく過ごしていただくためには、いつも清潔なお部屋であることが大切です。見えるもの、触れる場所、全てが清潔であれば、お部屋で過ごす時間がより快適になります。利用される方の肌に直接触れる寝具やリネン類をキレイにすることはもちろんですが、お部屋に備え付けのカーテンもクリーニング。お部屋がぐっと明るくなります。また、施設スタッフのユニフォームの洗濯など、手間のかかることはすべて私たちにお任せください。入居者の皆さまが心地良くすごせるよう、直接的にも間接的にもお手伝いをしていきたい。私たちはいつでもそう考えています。

ご要望を
お聞かせください

介護の現場で働いている皆さまの声、入居者さまの声をぜひお聞かせください。地域によって、現場によって、ご要望もきっと違ってくるはずです。入居者さまが寛げるお部屋作りに必要なものや、コスト面でのご相談など、できる限りご要望にお応えいたします。現場の皆さまとともに考え、改善していくこと、そのすべてが私たちの糧になります。そして私たちは、そのノウハウを皆さまに還元していきます。気になることがありましたら、どんなことでも気兼ねなくお話しください。快適な環境作りのために、施設ごとにフィットしたサービスをご提案いたします。

ー 品質の仕組み ー

いつも清潔、
衛生面も安心

健康的で明るい毎日を過ごすには、身の回りを清潔にしておくことが基本です。私たちは衛生的な生活をサポートするさまざまなサービスをご提案しています。皆さまからお預かりする私物の洗濯は、明るい気持ちになってもらいたいから、自分の家族の衣類のようにていねいに洗います。介護士の方には、清潔なユニフォームで皆さまと元気に過ごしていただきたい……。私たちは、利用者の皆さまがどのようなことを望まれているのかを理解しています。誰もが心地よさを感じられるさわやかな空間、清潔なリネン類、便利なアイテムなど、利用者様のご満足に繋がるサービスで、皆さまの笑顔をもっともっと手助けしたいと考えています。

安心の供給体制
→必要なものを、
いつもそばに

使いたいときに、手元にあるという安心感。その安心感が、施設をもっと快適に、強くしてくれます。南九イリョーは多くの配送車両を自社で所有し、常にエリア内を動いています。「これが欲しい」とリクエストすれば、すぐに配車を調整して施設までお届けすることも。でも、私たちは普段から不足分がないようにアドバイスもしています。「在庫は大丈夫ですか?そろそろなくなる時期ではありませんか」とお声がけすることで、うっかり忘れていた注文を思い出していただけることもあります。様々なロスを事前に回避することも、施設の運営には大切だと考え、心を込めて皆様にアドバイスしています。

課題解決力が
あります

お客様から「この商品はありますか」と取り扱っていない商品の相談をいただいても、私たちはいつも喜んでお応えします。資材課スタッフたちが構築している各方面のネットワークから、該当商品を探し出し、適正な価格にてまずはご提案。同時に、お客様のご要望を理解した上で、別の商品をご提案することもあります。もともと欲しかったアイテムにプラスした機能がある商品をご案内したところ、「ちょうどこの機能が付いたものが欲しかったんです」と、採用されることも1度や2度ではありません。普段の他愛もない会話から、「いま、ここを求めていらっしゃるのでは?」と気づき、その改善方法を提案することも意識しています。